書を捨てよ町へ出よう

名入れ 風呂敷 和ノベルティ.comはオリジナルの和ノベルティ風呂敷、 "もったいない"風呂敷など、日本が世界に誇れる美しい日本の文化をセレクトしています。外国の方へのアピールにいかがでしょうか?

唐十郎作品リスト

その2

著作

  • 1968年(昭和43年)・・・腰巻お仙 附・特権的肉体論 (現代思潮社)
  • 1969年(昭和44年)・・・ジョン・シルバー (天声出版)
  • 1970年(昭和45年)・・・謎の引越少女 (学芸書林)
  • 1970年(昭和45年)・・・少女仮面 唐十郎作品集 (学芸書林 のち角川文庫)
  • 1970年(昭和45年)・・・河原者の唄 (思潮社)
  • 1971年(昭和46年)・・・煉夢術 (中央公論社 のち角川文庫)
  • 1971年(昭和46年)・・・吸血姫 (中央公論社 のち角川文庫)
  • 1972年(昭和47年)・・・日本列島南下運動の黙示録 (現代思潮社)
  • 1972年(昭和47年)・・・少女と右翼 満州浪人伝 (徳間書店 のち角川文庫)
  • 1973年(昭和48年)・・・ベンガルの虎 (書下ろし新潮劇場)
  • 1973年(昭和48年)・・・二都物語・鉄仮面 (新潮社)
  • 1973年(昭和48年)・・・わが青春浮浪伝 (講談社)
  • 1973年(昭和48年)・・・ズボン (大和書房)
  • 1974年(昭和49年)・・・紅疾風 (学芸書林)
  • 1974年(昭和49年)・・・唐版・風の又三郎 (角川書店)
  • 1974年(昭和49年)・・・夜叉綺想 (書下ろし新潮劇場)
  • 1974年(昭和49年)・・・盲導犬 (角川文庫)
  • 1974年(昭和49年)・・・幻のセールスマン (角川書店)
  • 1974年(昭和49年)・・・魔都の群袋 (潮出版社 のち文庫)
  • 1975年(昭和50年)・・・腰巻おぼろ 妖鯨篇 (角川書店)
  • 1975年(昭和50年)・・・唐版滝の白糸 (角川文庫)
  • 1976年(昭和51年)・・・風にテント胸には拳銃 (角川書店)
  • 1976年(昭和51年)・・・おちょこの傘持つメリー・ポピンズ (角川書店)
  • 1977年(昭和52年)・・・蛇姫様 (中央公論社)
  • 1977年(昭和52年)・・・唐版・俳優修業 (角川書店)
  • 1978年(昭和53年)・・・『海星・河童-少年小説』(大和書房)※ 泉鏡花文学賞
  • 1979年(昭和54年)・・・乞食稼業 対談集 (冬樹社)
  • 1979年(昭和54年)・・・唐十郎全作品集 全6巻 (冬樹社)
  • 1979年(昭和54年)・・・調教師 (中央公論社)
  • 1979年(昭和54年)・・・風に毒舌 第一エッセイ集 (毎日新聞社 のち旺文社文庫)
  • 1979年(昭和54年)・・・唐版犬狼都市『原作:澁澤龍彦』(北宋社)
  • 1980年(昭和55年)・・・女シラノ (白水社)
  • 1980年(昭和55年)・・・豹の眼 第二エッセイ集 (毎日新聞社)
  • 1980年(昭和55年)・・・沼・ふたりの女 (漂流堂)
  • 1981年(昭和56年)・・・下谷万年町物語 (PARCO出版 のち中公文庫)
  • 1981年(昭和56年)・・・黄金バット・お化け煙突物語 (河出書房新社)
  • 1982年(昭和57年)・・・新・二都物語,鉛の心臓 (新評社)
  • 1983年(昭和58年)・・・『佐川君からの手紙-舞踏会の手帖』(河出書房新社 のち文庫)※ 芥川賞
  • 1983年(昭和58年)・・・唐十郎血風録 (文藝春秋)
  • 1983年(昭和58年)・・・御注意あそばせ (河出書房新社)
  • 1983年(昭和58年)・・・サンドイッチマン (大和書房)
  • 1984年(昭和59年)・・・安寿子の靴 (文藝春秋)
  • 1984年(昭和59年)・・・マウント・サタン (河出書房新社)
  • 1986年(昭和61年)・・・紙女房 楼閣興信所通信 (文藝春秋)
  • 1986年(昭和61年)・・・毀れた模写 文芸時評 (福武書店)
  • 1986年(昭和61年)・・・ねじの回転 (サンケイ出版)
  • 1986年(昭和61年)・・・汗のドレス 島田雅彦対談 (河出書房新社)
  • 1987年(昭和62年)・・・フランケンシュタインの娘 (福武書店)
  • 1988年(昭和63年)・・・シェイクスピア幻想 道化たちの夢物語 (PARCO出版局)
  • 1988年(昭和63年)・・・さすらいのジェニー (福武書店)
  • 1990年(平成2年)・・・電気頭 (文藝春秋)
  • 1991年(平成3年)・・・蠱惑への傾斜 (河出書房新社)
  • 1991年(平成3年)・・・透明人間 (白水社)
  • 1991年(平成3年)・・・電子城. 2 (白水社)
  • 1992年(平成4年)・・・オルゴールの墓 劇団第七病棟 (リブロポート)
  • 1993年(平成5年)・・・桃太郎の母 (徳間書店)
  • 1993年(平成5年)・・・青春牡丹灯籠 (集英社)
  • 1995年(平成7年)・・・『海ほおずき』(文藝春秋)
  • 1995年(平成7年)・・・水の廊下 (エー・ジー)
  • 1996年(平成8年)・・・雨月の使者 (エー・ジー出版)
  • 1997年(平成9年)・・・少女仮面・唐版風の又三郎 (白水社)
  • 1997年(平成9年)・・・特権的肉体論 (白水社)
  • 1997年(平成9年)・・・幻想劇場 (朝日新聞社)
  • 1998年(平成10年)・・・きみと代わる日 唐版とりかえばや物語 (主婦と生活社)
  • 1998年(平成10年)・・・秘密の花園 (沖積舎)
  • 2000年(平成12年)・・・蛇行 (新潮社)
  • 2004年(平成16年)・・・泥人魚 (新潮社)
  • 2005年(平成17年)・・・ガラスの使徒 (アートン)
  • 2005年(平成17年)・・・教室を路地に! 横浜国大vs紅テント2739日 室井尚共著 (岩波書店)
  • 2006年(平成18年)・・・『劇的痙攣』(岩波書店)
  • 2006年(平成18年)・・・風のほこり 新宿梁山泊 (右文書院)
  • 2007年(平成19年)・・・唐十郎コレクション 1-2 (右文書院)
  • 2008年(平成20年)・・・夕坂童子 (岩波書店)
  • 2009年(平成21年)・・・朝顔男 (中央公論新社)

役者としての顔があり、テレビドラマや映画にも出演しています。そして脚本家として執筆したり監督もてがけています。

テレビドラマ

  • 1973年(昭和48年)・・・『恐怖劇場アンバランス』第4話「仮面の墓場」/ 犬尾貞文役
  • 1973年(昭和48年)・・・『汚れた天使』/ 監督
  • 1978年(昭和53年)・・・『黄金の日日』/ 原田喜右衛門役
  • 1991年(平成3年)・・・『世にも奇妙な物語 「ニュースおじさん」』/ おじさん役
  • 2002年(平成14年)・・・『北の国から2002 遺言』/ 高村吾平役
  • 2003年(平成15年)・・・『ヤンキー母校に帰る』 / 早乙女校長役
  • 2004年(平成16年)・・・『海峡を渡るバイオリン』
  • 2007年(平成19年)・・・『京都地検の女・第4シリーズ』/ 第7話福本役
  • 2002年(平成14年)・・・『天河伝説殺人事件 』 / 高崎義則役
  • 2009年(平成21年)・・・『松本清張生誕100年記念作品・駅路 』/ 便利屋主人役
  • 2010年(平成22年)・・・『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 〜人気番組競演編〜「ニュースおじさん、ふたたび」』/ おじさん役
  • 2010年(平成22年)・・・『ハンチョウ〜神南署安積班〜 第3シリーズ』/ 石倉晴夫役
  • 2011年(平成23年)・・・『王様の家』(BS朝日)/ 佐久間泰三 役

映画

  • 1968年(昭和43年)・・・『犯された白衣』監督:若松孝二 / 出演
  • 1968年(昭和43年)・・・『新宿泥棒日記』監督:大島渚 / 出演
  • 1968年(昭和43年)・・・『日本猟奇地帯』監督:中島貞夫 / 出演
  • 1969年(昭和44年)・・・『にっぽん'69 セックス猟奇地帯』監督:中島貞夫 / 出演
  • 1969年(昭和44年)・・・『日本暗殺秘録』監督:中島貞夫 / 出演
  • 1970年(昭和45年)・・・『銭ゲバ』監督:和田嘉訓 / 主演
  • 1976年(昭和51年)・・・『任侠外伝 玄海灘』/ 監督
  • 1979年(昭和54年)・・・『夜叉ヶ池』監督:篠田正浩 / 出演
  • 1994年(平成6年)・・・『 800 TWO LAP RUNNERS 』/ 出演
  • 1996年(平成8年)・・・『海ほおずき』監督:林海象 / 原作・脚本・主演
  • 2005年(平成17年)・・・『ガラスの使徒』 / 原作・脚本・出演
  • 2007年(平成19年)・・・『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』 / 出演